業務を円滑にする

製造業向けERPとは何か

ERPは企業の持つリソースを効率的に管理や把握して生産や販売等の企業活動を円滑にする考え方と成ります。これをソフトウエアー化したものがERPパッケージと言われています。製造業向けERPで対象とする生産には、個別受注生産や受注生産や受注組み立て生産や見込み生産の種類が有ります。また、製造業向けERPといっても対象とする範囲は生産管理だけではなくて、全体のプロジェクト管理や倉庫管理や会計管理等も含む総合的なパッケージとなっています。これらにより生産でのライン管理や工程管理や部品管理に留まらずに、品質管理や倉庫管理の入出庫管理や在庫管理から仕入れ先の在庫管理まで行って、不良在庫や滞留在庫を無くす事ができるのです。

導入する目的について

生産を考えた時に受注生産だと無駄な製造は発生しませんが、生産設備の稼働が集中したり稼働率が落ちたりします。また、見込み生産だと生産設備の無駄は無くなりますが、生産計画を立てるのが難しく無駄な在庫リスク発生の可能性が有ります。製造業向けERPでは受注生産と見込み生産の両方に対応しているものが有るだけで無くて、見込み生産の予測の精度を向上させる機能も用意されているものが有るのです。製造業向けERPの導入により企業の持つ経営リソースを効率的にし見える化をも図る事で、原価や納期や品質を適切に管理して経営効率を向上させる事になります。激しい企業競争を勝ち抜く為に、手持ちのリソースを製造業向けERPの導入により効率的に運用できるのです。

ページのトップへ戻る